生物物理・神経情報研究室

ホヤ班

『ホヤを用いた形態形成機構の解明』

脊椎動物に近縁で体制の単純なホヤは個体発生という現象を1細胞レベルから理解できる、またとないモデル生物である。我々の研究室では現在ホヤを用いて次のような研究をすすめている。

 

Tunicate Web Portal

hotta2013poster

hoyaposter2013

このページの先頭へ

 

 

 

 

 

English | Site Map| Contact Us | © 2012 Oka Laboratory